冬でも大量に汗が出るという自律神経に影響のある症状

会社に行く前はまったく臭いがなかったのに、会社にいった時に汗をかいていてシャツの臭いをかいだらシャツが黄ばんでいて臭いがあるということもあるのではないでしょうか。

 

しかしこれがワキガが原因なのかはちょっと判断には困りますね。

 

汗っかきとワキガはまったく別物なので注意が必要です。また自分が臭いと思い込んでいるというケースもあるの注意が必要だと思います。

 

また多汗症で汗が大量に出ていてそれが臭っているというケースも考えることができます。

 

さらにはワキガと多汗症が併発していると言うケースも考えることができるということを、しっかりと理解しておき、色々な可能性を考えて見ましょう。

 

そこで自分は多汗症なのか?それともワキガなのか?両方なのか?調べる必要があります。

 

自分の脇汗が臭いのは単なる汗っかきなのか、多汗症なのか、ワキガなのか判断するにはどうすればいいのか気になっている人も多いです。

 

まず多汗症は冬でも大量に汗が出るという自律神経に影響のある症状で、冬場に大量に汗をかいているようなら多汗症の可能性が高いです。

 

またワキガの場合だと、耳垢が湿っていたり、両親のどちらかがワキガである場合には、自分もワキガの可能性が高いです。

 

ニオイは自分ではなかなか判断することはできませんが、脇汗の跡が黄ばんでいたりするようなら十分に可能性があるので調べてみるといいかもしれないです。

 

ワキガは汗によって臭いが広がるようになるので、多汗症とワキガの組み合わせはかなり臭いがきつくなると思ったほうがいいです。

 

基本的に汗自体にはニオイはないのですが、汗が雑菌によって分解されることによってにおいを発生させます。そのためニオイを抑えるためには普段から清潔にして雑菌ができるだけ少ない状態にしておくことが大事になってきます。

 

ワキガのニオイ対策なら下記の商品がオススメです。